自動車事故の種類について

自動車の買取価格と事故歴

自動車買取価格がダウンする理由

自動車を売却するとき、事故歴があると大きく買取価格がダウンしてしまうことがあります。ただ、この事故歴には買取価格がダウンしてしまう種類のものと、ダウンしない種類のものがあるのを知らない人が少なくないようです。両者の違いは一体どこにあるのでしょうか。まず、自動車の買取価格にほとんど影響を与えない事故というのは、ボディの骨格にあたるフレームにまで影響が及んでいないようなタイプです。たとえば、ドアがへこんだだけとか、フェンダーが歪んだだけという場合は、フレームにまで被害が及んでいません。このような種類のものは、きちんと修理さえされていれば買取価格にほとんど影響を与えません。それに対してフレームまで歪んでしまうような大きな事故を起こしてしまった場合は、買取価格が大幅にダウンする可能性が高くなります。フレームまで歪めてしまうと自動車を完全な状態に修復するのが難しくなり、また印象が非常に悪くなってしまうので買い手が見つかりにくくなってしまいます。そのため大幅にプライスダウンしないと売れなくなってしまい、その結果、買取価格も大幅にダウンしてしまうわけです。したがって「修復歴あり」と記載された中古車は、このようなフレームまでダメージを受けた事故車となります。

自動車の深い情報

↑PAGE TOP